Exnessの口座タイプおすすめは?全5種類のエクスネスの口座比較まとめ

Exness(エクスネス)の口座タイプ Exness

本記事では、海外FX業者『Exness(エクスネス)』の口座タイプに関する情報をまとめました。

 

Exnessは、2020年に日本市場に進出してきた海外FX業者です。

優良な取引環境を提供しており、多くの日本人トレーダーに受け入れられ、利用者数が急増しています。

 

 Exnessの口座タイプの基本情報を把握したい
 Exnessの口座タイプ毎の違いを知りたい
 トレーダータイプ別に適した口座タイプを知りたい

 

上記のような方に読んでいただきたい記事です。

 

当記事に辿り着いた多くの方は「Exnessの口座タイプは多すぎてどれが自分に合うかわからない」という疑問をお持ちだと思います。

 

記事内では、Exnessの口座タイプの基本情報をまとめ、口座タイプ別で比較を行っています。

各口座タイプの特徴を抽出し、適したトレーダータイプをまとめました。

 

 この記事でわかること
  • Exnessの口座タイプ基本情報
  • 口座タイプの共通点と相違点
  • 口座タイプ別おすすめトレーダータイプ

 

 

Exnessの口座タイプ情報を把握し、あなたに最適な口座タイプを選択することで収支の向上に役立てていただければ幸いです。

 

\ 世界の取引量No1のブローカー /

公式サイト:https://www.exness.com/

 

当サイトは、海外FX業者の情報を共有する為のサイトです。
当サイトのリンクは、全て別タブ、別ウィンドウで開きます。
各社公式サイトの情報、関連記事も併せてご参照ください。

 

 

 

Exness(エクスネス)の口座タイプ/5種類の基本情報

Exness口座タイプの基本情報

 

Exnessには大枠で『スタンダード口座』と『プロフェッショナル口座』の2種類があります。

 

スタンダード口座

『スタンダード口座』には、『スタンダード口座』と『スタンダードセント口座』の2種類があります。

 

スタンダード口座とスタンダードセント口座の基本情報を一覧表にまとめました。

 

スタンダード口座の基本情報
項目 スタンダード口座 スタンダードセント口座
最大レバレッジ 2,000倍 2,000倍
ロスカット水準 0% 0%
マージンコール 60% 60%
最低入金額 10ドル 10ドル
口座通貨 円建て可 円建て不可
1ロットの単位 100,000通貨 1,000通貨
取引手数料 無料 無料
約定方式 成行約定 成行約定
最大ポジション数 無制限 1,000
1発注あたりの最大ロット 7:00~20:59 GMT+0:200ロット
21:00~6:59 GMT+0:20ロット
200ロット
取引商品 為替/貴金属/仮想通貨/エネルギー/株価指数 為替/貴金属
プラットフォーム MT4/MT5 MT4
デモ口座 利用可 利用不可

 

スタンダードセント口座は、1ロットが1,000通貨のFXビギナー向けの口座タイプです。

円建て不可、MT5利用不可、デモ口座利用不可となっています。

 

 

プロフェッショナル口座

Exnessのの口座タイプ名称

 

『プロフェッショナル口座』には、『プロ口座』『ロースプレッド口座』『ゼロ口座』の3種類があります。

 

プロ口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座の基本情報を一覧表にまとめました。

 

プロフェッショナル口座の基本情報
項目 プロ口座 ロースプレッド口座口座 ゼロ口座
最大レバレッジ 2,000倍 2,000倍 2,000倍
ロスカット水準 0% 0% 0%
マージンコール 30% 30% 30%
最低入金額 1,000ドル 1,000ドル 1,000ドル
口座通貨 円建て可 円建て可 円建て可
1ロットの単位 100,000通貨 100,000通貨 100,000通貨
取引手数料
(片道)
無料 最大で3.5ドル 3.5ドル以上
約定方式 即時約定 成行約定 成行約定
最大ポジション数 無制限 無制限 無制限
1発注あたりの最大ロット 7:00~20:59 GMT+0:200ロット
21:00~6:59 GMT+0:20ロット
7:00~20:59 GMT+0:200ロット
21:00~6:59 GMT+0:20ロット
7:00~20:59 GMT+0:200ロット
21:00~6:59 GMT+0:20ロット
取引商品 為替/貴金属/仮想通貨/エネルギー/株価指数 為替/貴金属/仮想通貨/エネルギー/株価指数 為替/貴金属/仮想通貨/エネルギー/株価指数
プラットフォーム MT4/MT5 MT4/MT5 MT4/MT5
デモ口座 利用可 利用可 利用可

 

プロフェッショナル口座は、取引手数料と約定方式以外の部分はほぼ共通です。

 

 

Exness(エクスネス)の口座タイプ比較

Exness口座タイプ比較

 

本項では、Exnessの口座タイプの比較情報をまとめました。

全口座で共通の項目をまとめた後、相違点について記載しています。

 

全口座タイプ共通項

以下の点については、全口座タイプで共通です。

全口座共通のスペック
・最大レバレッジ(レバレッジ無制限)
・ロスカット水準0%
・ストップレベル0
・スワップフリー投資商品
・ポジション数無制限(スタンダードセント口座は1000)

 

最大レバレッジ2,000倍、レバレッジ無制限が利用可能である点、ロスカット水準0%など、トレードのベースとなるスペックは共通です。

スワップフリー投資商品、ストップレベル0についても全口座タイプで利用できます。

 

 

口座タイプによる相違点

口座タイプによる相違点は、大きくは以下の4点です。

 

口座タイプによる違い
  1. 初回入金額
  2. 約定方式
  3. スプレッド/取引コスト
  4. 投資商品

 

 

初回入金額

初回入金額は『スタンダード口座』と『プロ口座』によって異なります。

スタンダード口座は、初回入金額10ドルからOKです。

プロ口座は初回入金額が1,000ドル以上です。

 

 

約定方式

Exnessの約定方式には、『即時約定』と『成行約定』の2種類があります。

 

『プロ口座』は即時約定、『スタンダード口座』『スタンダードセント口座』『ロースプレッド口座』『ゼロ口座』は成行約定です。

 

即時約定
(プロ口座)
成行約定
(スタンダード/スタンダードセント/
ロースプレッド/ゼロ口座)
リクオートあり リクオートなし
約定は価格の可用性に依存する 約定が保証される
スリッページなし スリッページあり

 

即時約定のプロ口座であれば、発注時の価格と実際に約定する価格に乖離が発生する値動きの場合、約定せずにリクオートが発生します。

その反面、発注時の価格よりも不利な価格で約定することがないというメリットがあります。

 

スリッページが発生してもサクサク約定させたい方は、『成行約定』の方が適性があります。

事前発注が多い方やスリッページを嫌う方は『プロ口座』の方が適性があります。

 

なお、プロ口座でも仮想通貨のトレードは『成行約定』で行われます。

 

 

スプレッド/取引コスト

取引コストの形態も口座タイプによって異なります。

 

ロースプレッド口座とゼロ口座は取引手数料が発生する口座タイプです。

手数料無料 手数料あり
スタンダード口座 ロースプレッド口座
スタンダードセント口座 ゼロ口座
プロ口座

 

ロースプレッド口座の取引手数料は、片道最大で3.5ドルという上限値があります。

ゼロ口座口座の取引手数料は、片道0.2ドル以上で上限値の設定はなしという違いがあります。

 

取引量の多い主要通貨ペアを抽出し、見やすく並べてみました。

クロス円の通貨ペアは『1ドル=130円』として概算値ですが、1ドルの手数料を0.13pipsとして補正して表内の下段に記載しています。

 

スタンダードセント口座のスプレッドはスタンダード口座と共通です。

 

銘柄 スタンダード口座 プロ口座 ロースプレッド ゼロ
USD/JPY 1.1 0.7 0+7ドル 0+7ドル
0.91 0.91
EUR/USD 1 0.6 0+7ドル 0+7ドル
0.7 0.7
EUR/JPY 1.9 1.2 0.3+7ドル 0+10ドル
1.21 1.3
GBP/USD 1.2 0.7 0.1+7ドル 0+9ドル
0.8 0.9
GBP/JPY
2 1.3 0.3+7ドル 0+15ドル
1.21 1.95
AUD/USD  1.4 0.9 0.3+7ドル 0+10ドル
1.0 1.0
AUD/JPY  2.1 1.3 0.4+7ドル 0.1+9ドル
 1.31  1.27
NZD/USD  2 1.2 0.5+7ドル 0+13ドル
 1.2 1.3
NZD/JPY  2.9 1.8 0.8+7ドル 0+15ドル
 1.71  1.95
USD/CAD  2.1 1.3 0.4+7ドル 0+10ドル
 1.1 1.0
CAD/JPY
 3.8 2.3 1.2+7ドル 0.8+10ドル
2.11 2.1
USD/CHF  1.4 0.9 0.2+7ドル 0+9ドル
 0.9 0.9
CHF/JPY  2.7 1.7 0.7+7ドル 0+10ドル
 1.61  1.3
EUR/GBP 1.6 1 0.4+7ドル 0+18ドル
 1.1 1.8
EUR/AUD
2.3 1.4 0.4+7ドル 0+11ドル
1.1 1.1

 

最も取引コストが安いのは『プロ口座』です。

僅差で『ロースプレッド口座』『ゼロ口座』が同水準です。

スタンダード口座のスプレッドが最も広くなっています。

 

 

プロ口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座の取引コストの優劣は、投資商品によって異なります。

Exness公式サイト内で無料で利用できる『投資計算機』で銘柄毎に比較ができます。

 

Exnessの投資計算機

 

【口座タイプ】【口座通貨】【金融商品】【ロット】【レバレッジ】の5項目を入力して、計算ボタンを押すだけで【必要証拠金】【スプレッド】【手数料】【ロングスワップ】【ショートスワップ】【pip値】が分かります。

 

『自分が最もよく取引する銘柄はどの口座タイプが優れているのか?』を確認したい時などに便利なツールなので、活用してみてください。

もちろん無料で利用でき、アカウントを持っていないくても利用できます。

Exness公式サイト内の『ツール』にあります。

Exness公式サイトで投資計算機を利用する

 

 

投資商品

Exnessで取引可能な投資商品が全てトレードできるのは『スタンダード口座』と『プロ口座』の2種類です。

スタンダードセント口座は、36種類の投資商品しかトレードできません。

 

『ロースプレッド口座』『ゼロ口座』は、為替、貴金属、インデックス、仮想通貨において、トレードできない投資商品があります。

 

\ 世界の取引量No1のブローカー /

公式サイト:https://www.exness.com/

 

 

Exness(エクスネス)口座タイプの特徴とおすすめトレーダータイプ

Exness口座タイプ特徴とおすすめトレーダータイプ

スタンダード口座

スタンダード口座の特徴は以下の通りです。

スタンダード口座の特徴
  • 全ての投資商品が取引可能
  • 初回入金額10ドルからOK
  • リクオートなし
  • Exnessに登録するとMT5のスタンダード口座が自動で作成される
  • Exnessの標準口座であり一番人気の口座タイプ

 

 

スタンダード口座は、Exnessで取引可能な全ての投資商品が取引できます。

初回入金額も10ドルからOKというハードルの低さです。

 

スプレッド面では、プロ口座よりも広いスプレッドですが、他の海外FX業者のスタンダード口座と比較すると十分に狭いです。

レバレッジ無制限も利用できますし、ロスカット水準は0%です。

スワップフリー投資商品も多く、スタンダード口座でもExnessの強みを実感できます。

 

Exnessを初めて利用する方にまず試していただきたい口座タイプです。

スプレッドの影響をあまり受けない低頻度のトレードスタイルの方であれば、プロ口座でなく、スタンダード口座でも長期利用に値する魅力的なトレーディング環境です。

 

スタンダード口座がおすすめのトレーダータイプ
 Exnessを初めて利用する方
 取引頻度の低いデイトレーダー
 スイングトレーダー

 

 

スタンダードセント口座

スタンダードセント口座の特徴は以下の通りです。

スタンダードセント口座の特徴
  • 最小発注ロットは10通貨
  • 初回入金額10ドルからOK
  • リクオートなし
  • 投資商品は為替34種類/貴金属2種類のみ
  • 最大ポジション数は1000
  • MT4のみ(MT5利用不可)
  • 口座通貨はドル(日本円不可)
  • デモ口座作成不可

 

 

スタンダードセント口座は、FXビギナー向け、投資ビギナー向けという口座スペックです。

1ロット=1,000通貨となっており、最小で10通貨からトレードできます。

 

ただし、投資商品が少なく、MT5は利用できません。

口座通貨もドルのみであり、円は利用できません。

上記のデメリットはありますが、少ない通貨単位からトレードを始めたいFXビギナーの方には利用価値があります。

 

スタンダードセント口座がおすすめのトレーダータイプ
 FX未経験者
 投資未経験者

 

 

プロ口座

プロ口座の特徴は以下の通りです。

プロ口座の特徴
  • 全ての投資商品が取引可能
  • 初回入金額1000ドル
  • リクオートありスリッページなし
  • 手数料なしでスプレッドが狭い

 

 

プロ口座は、Exnessで取引可能な投資商品が全てトレードできます。

初回入金額1,000ドルという縛りが唯一の利用条件です。

 

この条件を許容できれば、プロ口座はスタンダード口座の完全上位互換です。

スタンダード口座よりもグッと狭いスプレッドでトレードできます。

 

取引コスト面では【スプレッドのみ手数料なし】というシンプルでわかりやすい点も良い点です。

約定方式は『即時約定』である点が特徴です。

リクオート(再承認)が発生する反面、スリッページは起こりません。

 

発注画面の価格と約定時点の価格に乖離が発生した場合、リクオートが発生する仕様になっているので、不利な価格で約定することがない点がメリットです。

 

プロ口座の最大の強みはスプレッドの狭さです。

全投資商品において、非常に狭く、他の海外FX業者と比較しても圧倒的に優位性のあるスプレッド設定です。

さらに、レバレッジ2,000倍、ロスカット水準0%の口座スペック、スワップフリーで取引可能となっており、Exnessの強みをわかりやすく体感できる口座タイプです。

 

低スプレッドなトレーディング環境は、スキャルピングトレーダーの方にはもちろん、デイトレーダー、スイングトレーダーにとってもメリットです。

 

プロ口座がおすすめのトレーダータイプ
 スキャルピングトレーダー
 スリッページなしでトレードしたい方
 幅広い投資商品をトレードする方
 スイングトレーダー

 

 

ゼロ口座

ゼロ口座の特徴は以下の通りです。

ゼロ口座の特徴
  • プロ口座よりも取引できる商品数が少ない
  • 初回入金額1000ドル
  • リクオートなしスリッページあり
  • 取引量の上位30種類の投資商品がゼロスプレッド+手数料で取引できる
  • 手数料は片道0.2ドル以上

 

 

取引量の上位30銘柄のスプレッドが1日の95%の時間ゼロスプレッドになるのが最大の特徴です。

ほぼ手数料のみで取引できます。

つまり(人気銘柄に限られますが)ほぼ固定スプレッドの元でトレードができる点が大きなメリットです。

 

取引コストはプロ口座と同程度の安さです。

プロ口座は変動スプレッドなので、ボラティリティによってスプレッドが変動しますが、ゼロ口座であれば、上位30銘柄はほぼ固定スプレッドになるので安定した取引コストでトレードできます。

かつ、リクオートが発生しないので、自分のタイミングでサクサク約定させられます。

 

安定した取引コストでトレードしたいスキャルピングトレーダーの方に最も適性がある口座タイプです。

 

上位30銘柄は、定期的に入れ替えられますが、記事執筆時点の銘柄は以下の通りです。

ゼロスプレッド商品一覧
  • AUDCAD
  • AUDCHF
  • AUDGBP
  • AUDJPY
  • AUDUSD
  • CADCHF
  • CADJPY
  • CHFJPY
  • EURAUD
  • EURCAD
  • EURCHF
  • EURGBP
  • EURJPY
  • EURNZD
  • EURUSD
  • GBPAUD
  • GBPCAD
  • GBPCHF
  • GBPJPY
  • GBPNZD
  • GBPUSD
  • HKDJPY
  • NZDCAD
  • NZDCHF
  • NZDJPY
  • NZDUSD
  • USDCAD
  • USDCHF
  • USDJPY
  • XAGUSD
  • XAUUSD

 

また、上位30銘柄以外の銘柄についても、取引時間の50%においてゼロスプレッドになる銘柄も多数あります。

ゼロスプレッドの銘柄については、Exness公式サイトにて確認できます。

Exness公式サイトを確認する

 

ゼロ口座がおすすめのトレーダータイプ
 スキャルピングトレーダー
 リクオートなしでトレードしたい方
 取引量の上位30種類のトレード中心の方

 

 

ロースプレッド口座

ロースプレッド口座の特徴は以下の通りです。

ロースプレッド口座の特徴
  • プロ口座よりも取引できる商品数が少ない
  • 初回入金額1000ドル
  • リクオートなしスリッページあり
  • 低スプレッド+手数料(片道最大で3.5ドル)で取引

 

 

ロースプレッド口座は、プロ口座とゼロ口座の中間に位置する口座タイプです。

プロ口座ほどボラティリティによるスプレッドの変動の影響は受けませんが、ゼロ口座ほど取引コストが固定されません。

 

取引コストの安定性という面ではバランスの良い口座タイプです。

ゼロ口座と同様、リクオートは発生しない約定方式なので、自分のタイミングでサクサク約定させたいスキャルピングトレーダーの方に適性があります。

上位30銘柄に限らず、幅広い銘柄をトレードする方にはロースプレッド口座はおすすめできます。

 

ロースプレッド口座がおすすめのトレーダータイプ
 スキャルピングトレーダー
 リクオートなしでトレードしたい方
 安定した取引コストでトレードしたい方

 

 

 

Exness(エクスネス)の口座タイプ・まとめ

Exness口座タイプまとめ

 

Exnessの口座タイプは5種類ありますが、スタンダードセント口座は、完全ビギナー向けという位置づけなので、除外すると、実践的な口座タイプは4種類です。

 

スタンダード口座からExnessというブローカーのトレーディング環境を試し、慣れてきたら『プロ口座』の3種類からあなたにとって最適な口座タイプに移行するのが王道です。

プロ口座の3種類の内、最も安定するのは『プロ口座』です。

口座タイプの選択に迷う場合は、デモ口座も利用できるので、デモ口座で試してみるの良いと思います。

 

筆者自身は、スタンダード口座を1カ月ほど利用してから、『プロ口座』に切り替えました。

スタンダード口座でも「良い取引環境だなー」と感じていましたが、プロ口座のトレーディング環境は衝撃的でした。

今まで見たことない1ケタのスプレッドがMT5の気配値画面に並んでおり「ホントにこんな低スプレッドで取引しちゃっていいの?」という不思議な感覚になったのを覚えています。

 

Exnessのトレーディング環境は、あなたの収支を伸ばす起爆剤になる可能性があります。

あなたにとって最適な口座タイプを選択し、より有利な条件でトレードする為に本記事を参考にしていただければ幸いです。

 

\ デモ口座の登録はわずか1分で完了 /

公式サイト:https://www.exness.com/

 

 

▼Exnessの口座タイプ以外の総合情報はこちら

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました